住宅を直す男性

外壁をチェック

セメントで直す

塗り替えの時期はいつが良いか

毎日使用する家の中のメンテナンスと違って、外壁の事はなかなか意識が向かないのが正直なところです。 外壁は、毎日365日紫外線や雨風に晒されて過ごしているので、実はすごく負担がかかっている事が多い状態になっています。 通常、外壁塗装する時期として目安になるのが、築10年経った頃と言われています。 そこから10年ごとに定期的に外壁塗装をするのが、適正な塗り替えの時期だと言われています。 このように定期的に外壁塗装をすることで、家を長持ちさせるとともに、美しい外観を保つことができます。 外壁に目に見えて劣化が生じている時にやるのでは遅く、時期を10年と決めて外壁塗装をする事の方が、家を長持ちさせるためには非常に大事な事だということです。

外壁塗装をしないとどうなるのか

外壁というのは、目に見えて劣化していないと放置してしまいがちですが、雨漏りが起きてからではすでに遅く、家の躯体に劣化が生じている事が少なくないのです。 外壁塗装をしないでいると、具体的にどのような事になるのでしょうか。 厳しい自然環境で、いわば日々我々を守ってくれている外壁なので、常に負担がかかった状態で、見た目以上に劣化している事があります。 今現在雨漏りしていなくても、防水効果をより高めるためにも、外壁塗装をする事が家を長持ちさせる大切な役割なのです。 約10年ごとに外壁塗装してあげると通常の3倍長持ちするという事です。 雨漏りしてから慌てて外壁塗装をしても、すでに家の中の劣化が進行し、それに伴って莫大な修繕費がかかる事になりかねないので気をつけたいところです。 そうなる前に外壁塗装をすれば、結局はトータルで費用が抑えられるというわけです。

Menu